CPD制度・専攻建築士制度

建築士会CPD制度の概要

はじめに

建築士会では、建築士会会員の知識、技術に関する研鑽と倫理観の醸成のために、平成14年、自主的にCPD制度を始め、意欲的な会員の支持を得て、運営してきました。

平成21年1月5日施行の改正建築士法第22条の4の規定により、すべての建築士に対する研修を行うことが建築士会に義務付けられたことを受け、従来から行ってきましたCPD制度を大幅に改め、オープン化して非会員の方たちにも広く門戸を開くこととしました。

それは、CPDの実績ダータの行政機関での活用が、地方の建築工事での入札で広まっており、同じ施工現場で働く技術者として建築士のみCPDが提供されている現状や、一部の建築士会では県からの要請で「建築施工管理技士」にもCPDを提供していたことなどから、全ての建築技術者に建築士会CPDを提供することに踏み切りました。

これまでのシステムを一新し、より利便性の高いICカードによる新システムを採用して、活用先の要望に応じて履修証明を容易に発行できるしくみとします。

さらに詳しい情報は、公益社団法人日本建築士会連合会ホームページをご覧ください。

建築士会CPD制度の申込(CPDカード取得の手続)

平成22年度より、CPDバーコード方式から、CPD方式に変わりました!今までのCPD手帳は使用できませんので、カードへの切替をお願い致します。!

(様式1)CPD制度参加登録申込書(WORD:108㎅)

(様式2)CPDカード発行申込書(EXCEL:40㎅)

■参加方法 CPD参加申込書↑にご記入の上、本部事務局へお申込下さい。
2つをセットにして、建築士会へメールでお送り下さい。⇒ iwa-ks@muse.ocn.ne.jp

CPDオープン化については公益社団法人日本建築士会連合会→CPD制度オープン化をご覧ください。

CPDカードが届いたら・・・

カードが届いたら、まずは参加登録をしなければなりません。こちらをクリックして、CPD番号と生年月日をご記入後、ログインを押してください。
カードのパスワードが発行されますので、大事に保管して下さい。

すでに参加登録されている方は・・・

CPD情報システム参加登録済みの皆様はこちらからログインして下さい。

→士会CPD情報システム参加者用ページ

CPDプログラム認定申請について

※講習を主催する団体をプロバイダー、講習会や研修をプログラムといいます。
※申請の内容によっては、お断りすることもあります。

これから講習会、研修等を実施する団体

審査評議会の承認を得て建築士会CPD制度プロバイダー登録を行ったのち、建築士会CPD制度プログラム認定申請書を提出していただきます。
講習会、研修等の参加者名簿の登録により、プログラム参加者にCPD単位が付与されます。
各費用、申請の様式ほか必要書類については建築士会事務局までお問い合わせください。

CPD実績証明書の発行について

CPD実績証明書発行申込書に必要事項をご記入の上、振込受領書を貼り付けて、建築士会事務局のお申込みください。

実績証明書の発行について
実績証明書交付申請書

費用(一部発行につき)
建築士会会員     500円
建築士会非会員   1,000円

※年度終了後からの発行となります。
(例:平成27年度分をご希望の場合は平成28年4月1日以降の発行)
※発行を希望する年度のデータ管理費の納入を必ずご確認ください。

専攻建築士制度関連

「専攻建築士」は、「建築の専門家の証」

社会、消費者に向けて良好な建築環境を提供する義務のある建築士は、現在様々な分野で活躍し、その業務も多様に専門分化しています。

建築士は、建築士業務の専門分化という時代の現実を真摯に受け止めるならば、少なくとも自らの責任を果たす専門業務領域と、その能力を消費者や社会の明示する責任があります。

そこで、岩手県建築士会は「建築士の専攻(専門)領域を認定・登録し社会に明示する制度」として「専攻建築士制度」を開始することになりました。

「専攻建築士の審査」は、「岩手県建築士会」及び「日本建築士会連合会」の自主制度としての、「専攻建築士制度要綱」に基づき行われます。

さらに詳しい情報は公益社団法人日本建築士会連合会ホームページをご覧ください。

専攻建築士 新規申請

ご記入された審査・登録申請に必要な書類は、事務局へ持参いただくか、託送便、簡易書留による郵送にて申請ください。

(申請用紙・記入例等ダウンロードできます。)

公益社団法人日本建築士会連合会ホームページから最新様式をダウンロードして下さい

専攻建築士 更新申請

公益社団法人日本建築士会連合会ホームページから最新様式をダウンロードして下さい

専攻建築士検索システム

全国の専攻建築士の検索ができます。

公益社団法人日本建築士会連合会ホームページ専攻建築士検索システム